プロジェクト|九州大学 先端融合医療創成センター

九州大学 先端融合医療創成センター

お問い合わせ・アクセス

プロジェクト

創薬アセット応用共同研究部門

背景

 九州大学では組織対応型連携の研究事業の枠組みにより、共同研究部門を設置し、組織的かつ長期的に民間企業等と実用化に向けた産学連携を推進する事業に取り組んでおります。一方、持田製薬ではオープンイノベーション推進による創薬研究の加速ならびに開発パイプラインの充実に向けて積極的に取り組んでおります。

 このような背景のもと、九州大学と持田製薬株式会社は、2018年6月1日より創薬アセット応用共同研究部門を設置し、病院ARO次世代医療センターと連携の下、基礎研究の成果を一般医療の実用化につなげる橋渡し研究の推進に関する共同研究事業を開始しました。

 新薬創製の成功確率は3万分の1と言われていますが、近年その難易度はさらに高まっており、それに伴い長期間の研究開発と莫大なコストが必要となっています。本共同研究部門では、九州大学の研究資源とネットワークをフル活用して、持田製薬が有する創薬アセットの橋渡し研究を強力に推進し、画期的な新薬創製につなげる創薬研究開発の合理化を目指した研究を行います。九州大学と持田製薬は、本共同研究部門を産学連携および学術的研究活動の拠点と位置付け、ライフサイエンス研究の発展と医薬品等研究開発の効率化に貢献していきます。

組織図

組織図

教員

五十嵐順悦 杉山大介
部門教員           協力教員
教授 五十嵐順悦       教授 杉山大介

~共同研究部門よりひとこと~

 九州大学先端融合医療創成センターARO橋渡し研究推進部門/病院ARO次世代医療センターは、アジアの橋渡し研究推進拠点として、ネットワーク対応型の開発を推進しています。これまで、産学共同研究は学術的な観点では多くの成果をあげてきました。しかしながら、実用化に至る事例が多くない状況を鑑みると、新しいオープンイノベーション戦略が必要です。本共同研究部門では、日本医療研究開発機構も推奨する、「産」in「学」の新しい形を目指して、持田製薬の創薬アセットと当部門が保有するネットワークをフル活用し、社会実装につながる開発指向の高い共同研究を展開します。

~持田製薬よりひとこと~

 本共同研究部門については、情報収集・学術研究・産学連携を推進するためのアカデミア拠点のひとつと位置付けています。医療ニーズに応える画期的新薬の創製を目指して、九州大学と基礎・創薬・臨床に向けた橋渡し研究に関する連携事業に取り組み、持田製薬の創薬アセットと九州大学の技術と叡智を融合した効率的な医薬品の研究開発を行ってまいります。

持田製薬

PAGE TOP