九州大学 先端融合医療創成センター

sss

センターのご案内

センター長ご挨拶

先端融合医療創成センターは、医薬分野と他分野との医療に関する先端的融合研究を実施するとともに、当該研究分野における産学官連携及びオープンイノベーションを推進し、人々の健康維持と安心安全な社会の実現に資することを目的として、2009年8月1日に設立されました。

現在、本センターは、文部科学省・先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム「先端融合医療レドックスナビ研究拠点」および文部科学省橋渡し研究加速ネットワークプログラム「九州大学病院 ARO次世代医療センター」の2つのプロジェクトを中心に、産学共同研究や外部資金による研究を実施しています。

これまで、九州大学の持つ教育や研究機能を基盤としつつ、これらのプロジェクトを通して、知的財産権を含む情報機密性を担保する仕組みや、個別の協働研究から様々な分野の企業による複合的な融合研究を実施する仕組みを構築し、さらには、倫理的で安全・安心な臨床研究を適切に推進する体制を整えてきました。これらのシステム改革により、先端融合領域における協働研究、受託研究、さらには治験に関する組織的対応が可能です。

医療分野におけるイノベーションを創出し、その成果を社会へと還元していくために、引き続き研究を推進いたします。皆様のこれまでのご支援に篤くお礼を申し上げますとともに、今後とも更なるご支援を賜りますよう、心からお願いいたします。

石橋達朗
先端融合医療創成センター
センター長 石橋達朗

PAGE TOP